読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士のつぶやき

愛知県春日井市(勝川)の司法書士が日々の業務を通じて感じていることや、ニュースその他の雑感を綴っています。

座り仕事をしていると

今日は司法書士試験でした。受験生のみなさんお疲れ様です。

自分のときはどうだったかというのを思い出しているのですが、割と忘却の彼方だった坂口です、こんばんは。
しばらくは試験のことを忘れてゆっくりと時間を過ごされてはいかがでしょうか。

(本題)この仕事は基本座ってばかりです

司法書士というとどのようなイメージをもたれているのでしょうか。ずっと事務所に籠っているのを想像されているのかもしれません。
実はみなさんが思っている以上に動き回ります。

動き回るってどういう場面なの?

たとえば不動産の決済ですと決済場所(主に金融機関)に出向く必要があります。
また、状況次第ではありますが依頼者のところへ伺うこともあります。

移動手段は車がほとんどです。
中には電車などの公共交通機関を使っている事務所もあるでしょう。特に都心部はそれらが発達しているので、駐車場の問題などを考えると合理的です。
しかし、私が事務所を構えているところはそこまで発達していない地域ですから、必然的に車移動になります。

動き回っているなら座ってばかりではないと思われるかもしれません。
ですが上に書いたとおり移動は車です。

車の運転をしているときの状態を想像してみてください。
座っていますよね?
駐車場から多少は歩きますが、その程度です。

当然運動不足になります。
(しっかり別途運動をされている司法書士もたくさんいらっしゃるでしょうが)

事務所でも座り、車でも座り、更に訪問先も基本的に椅子に座ります。場合によっては座敷で正座です。

こう座ってばかりだと腰への負担が相当かかっていることになります。
腰痛に悩まされている司法書士は多いのではないでしょうか。
(想像の域を出ませんが)

ニュース・情報系サイトを閲覧していて、次のような椅子があるのを発見しました。
http://gigazine.net/news/20140706-hermanmiller-embody-chairs/

どうやら背骨のラインに沿った形をしていて身体への負担が軽くなるようです。
腰痛予備軍(ぎっくり腰をギリギリで回避している)の私にとって興味深い情報であり、少々真剣に読んでみました。

そして販売元のサイトに飛んだりAmazonで検索してみました。
Amazonの検索結果が下になります)

高い(まがお

もう少し余裕ができたら検討するということで、今回はブラウザのタブをそっと閉じさせていただきました。

腰痛回避の方法を模索することにします。

愛知県春日井市(勝川)の司法書士事務所

主な業務として
・相続に関すること(相続登記・遺言など)
・会社に関すること(設立・役員変更など)
・後見に関すること(成年後見申立てなど)
・債権回収に関すること(司法書士法の範囲内に限ります)

お気軽にお問合せください。